勃起力はあるが寸止めが出来ない悩みにダポキセチン

ダポキセチンとは、お薬に用いられる成分の一種になります。
元々はうつ病の医薬品の成分として考案され、現場で使用されていました。
ところが、実際の現場で利用されていく過程でクライアントに早漏予防のメリットが出る結果が現われたのです。
うつ病と早漏、一見何の因果関係もない体調不良ですが、
その原因は双方ともセロトニンの取り込みがあります。
ダポキセチンはそのセロトニンの量のコントロールを促す作用が備わっているため、今ではメンタルケアの医薬品以外に早漏予防薬としてダポキセチンが用いられています。

勃起力が健康体の男性並にあったとしても、
肝心の射精までの我慢がまるで出来なければセックスが快適に進められません。
勃起力が喪失するEDもまた辛い体調不良ですが、
フィニッシュ直前で自分の意思によって寸止め出来ない早漏体質もまた大きなデメリットなのです。
健康的な心身を持つ男性も激しくセックスで腰を振れば、強い射精の衝動に襲われます。
しかし普通の男性は勃起力に加え、寸止め出来る能力を自然と持っています。
「そろそろヤバいな。このあたりで射精を我慢するぞ」と心に思うだけで、基本的に寸止めが実際に成功します。
対して早漏体質の男性は、イメージをしても、身体がその反応に追いつかないのです。
脳の神経の早さが早漏体質に関係している、との指摘もあり、
先天的な体質があるがゆえ、後天的な改善が難しい可能性が高いです。
早漏体質により、セックスを十分に楽しめない方はダポキセチンを含んだ早漏予防薬で克服を試みましょう。
医薬品を使う事は何も罪ではありませんので、罪悪感を抱く必要はありません。
既に大勢の早漏を抱える男性が国内外を問わず、
ダポキセチンのお世話になっていますので、心配は無用です。