• ダポキセチンとパキシルの知恵袋について

    ダポキセチンやパキシルなどの薬は、本来うつ病の治療に効果的な薬です。作用としては、脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質を増加させるので、不安感を解消し、精神を落ち着かせる作用があります。しかし、あまり知られていないダポキセチンとパキシルの知恵袋としては、これらの薬は実は早漏にも効果があるということです。ダポキセチンやパキシルの薬の副作用をよく調べてみると、性欲が少なくなる、あるいは射精が難しくなるといった副作用があるということがわかります。しかし、こういった副作用については、早漏の人にとってはむしろメリットになるということになります。ですから、最近では早漏治療の一環として、ダポキセチンを始めとした抗うつ薬を服用する機会が増えてきています。さらに、早漏治療の知恵袋として、ダポキセチンやパキシルなどの抗うつ薬に加えて、バイアグラなどのED治療薬と併用して服用することによって、より早漏改善に効果をもたらすということがわかってきています。なぜ、これらの薬の併用が早漏に効果があるのかという知恵袋としては、早漏の人は脳内が興奮状態になりやすいといわれていますが、この部分を抗うつ薬を服用することによって安定させ、勃起状態を維持するためにED治療薬を服用するということになります。両方の薬の足りない部分を補う形になりますから、非常に効果的に早漏を改善させることができます。ただし、抗うつ薬もED治療薬についても薬である以上、服用には十分注意をすることが大事になってきます。最近ではED治療薬や抗うつ薬は、ネットの通販で誰でも購入することができるようになっています。なるべくであれば、医師に処方してもらった方が安心でしょう。