• 早漏対策にダポキセチンとマッサージ法を取り入れる

    早漏だと相手を満足させることができなかったり、性行為を十分に楽しめないことなどから気持ちも塞いでしまったり、トラウマになってしまうこともありますが、射精を遅らせてくれる薬は色々販売されていて、ダポキセチンもその中の一つです。もともとは鬱の治療薬として用いられていたものですが、患者さんから射精が遅くなるという副作用が報告されたことで効果が発見され、現在は早漏防止薬として開発が行われている薬です。

    ダポキセチンは脳の興奮を一定に抑えてくれる薬であるため、性行為を開始してすぐに射精に至ることが少なくなる薬ですが、個人差があります。これまでより3倍程度射精に至る時間が延びる人が多いですが、個々によって性的興奮のしやすさが違ってくるため、薬だけでなく、マッサージ法なども取り入れて早漏対策を行っていくとより効果が期待できます。

    ダポキセチンに含まれる成分が体に合わない人もいて、頭痛や嘔吐などから血圧の上昇や腹痛そして下痢など、いつもと違った体調になったときには使用を控えるようにしましょう。服用して肌に発疹が出たり、呼吸に違和感を感じることもあり、1時間程度経過しても症状が続くのであれば医師に診てもらうべきです。

    マッサージ法は、ペニスを鍛えてくれたり性的興奮に強くなったりしますが、無理な力を加えたりすると良くありませんし、やりすぎにも注意が必要です。いつまでも痛みが取れなくなったりしますから、軽くたたいたりするマッサージ法がありますが、鍛えたくて長時間行ったりせず、少しずつ鍛えていくべきです。

    ダポキセチンを18歳以下の人が使ったり、女性が飲んだりすることは危険です。他の薬剤と併用することが危ない場合もあるため、服用に際して注意しましょう。