ダポキセチンの作用

ダポキセチンというのは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、英語の略称でSSRIとよばれている医薬品成分の一種です。
この選択的セロトニン再取り込み阻害薬というのは、うつ病やうつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、PTSDなどの心の病気を抱えている患者に対して投与されることが多く、基本的には毎日一定の量を口から飲むだけで効果があるとされています。
人間の脳内では、神経細胞から神経伝達物質のセロトニンとよばれる物質が放出され、それが別の神経細胞のセロトニン受容体に届くことで、さまざまな情報がやり取りされています。そして、神経細胞の間にある余ったセロトニンは、トランスポーターとよばれる物質によってもとの神経細胞に回収されて、再利用されることなります。
ところが、うつ病患者などの場合には、もともとこのセロトニンの量が少なくなってしまっているという特徴があるため、これを増やすことによって、逆に気分の落ち込みなどの症状が改善されるものと考えられます。
ダポキセチンを投与すると、脳内でトランスポーターがセロトニンを回収するはたらきを阻害するように作用しますので、結果として脳内にあるセロトニンの量が多くなり、うつ病などの治療効果が発揮されることになります。
このダポキセチンは、以上のように、もともとは心の病気に対応する医薬品として開発されたものですが、実は射精までの間隔を長くするという別の目的のためにも効果を発揮することが明らかとなっています。今ではこのダポキセチンは、早漏治療薬の有効成分として有名になっており、ヨーロッパなどではこのダポキセチンを配合した治療薬が承認を受けてすでに流通しています。